平安時代の葬儀は貴族が対象

平安時代の葬儀は貴族たちのために行われ、一般人には関係がありませんでした。一般人の中にも厳かな葬儀で極楽浄土に送りたいという願望はありましたが、貧しさのため実現しませんでした。そのため道路に遺体を捨てるなどの対応をしました。貴族の間では、いよいよ臨終を迎えそうになると、僧侶が呼ばれます。

僧侶に往生のための念仏を唱えさせます。呼ばれる僧侶も臨終を迎える人の身分に応じて異なりました。阿弥陀仏像の後ろに座らせて、阿弥陀仏の左手から垂れ下がる五色の幡の端を病人に持たせます。これは極楽浄土を願う作法です。

亡くなると故人は沐浴され、白い単衣を着せて北枕で寝かされます。陰陽師が葬儀の日取りや場所、入出棺の時間や方向を占います。納棺の際は故人が愛用していたものを棺に入れます。出棺が行われるのは夜でした。

都であった京の洛中では火葬は禁止されていました。火葬場としては東の鳥部野と北の蓮台野、西の化野が有名でした。火葬が終わると水や酒で火を消して供膳の儀を行います。現代の精進落としで、骨を拾って骨壷の納めてお墓に行きます。

当時の墓所では火葬が一般的ではなかったので、火葬地ではなく土葬地が選ばれました。人々は骨に執着する気持ちがなく、追加供養を目的としました。仏教では死穢を忌み嫌うためです。その後は初七日、三十五日、四十九日、一周忌の順で行います。

平安時代には三周忌以降はなく、後に僧侶が商売目的で広めました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です