現在の葬儀とはどのようなものか

葬儀は故人が友人や家族等と最後の別れをする場所です。葬儀のやり方は生前の故人の思いやニーズが反映される事がほとんどです。思いやニーズに基づいて家族や友人等が準備を行い、葬儀を開きます。昨今、家族スタイルの多様化、核家族の増大等によってそれを行わないケースも出て来ています。

関連する様々な仕来りや人間関係に嫌気を感じ、若年層を中心にそれを敬遠するケースが増えています。以前は家を尊重するという風潮が強かったです。しかし、現在は家や伝統よりも故人の満足度を重視する傾向が強くなっています。親しい友人や家族だけが参列する葬儀の数が年々増加しています。

以前は香典や香典返しは重要なものでした。けれども、昨今はこのやり取りに煩わしさを感じる人が増加し、ないケースも多くなってきています。現在の葬儀は家、伝統よりも個人が重視されるようになってきています。人間関係が希薄になる反面、個人の思いやニーズを大切に考えるようになっています。

現在、大規模なものは行わず、密葬で済ます人々も少なくないです。家社会が弱体化し、個のニーズが強まりました。業者は個別のニーズに対応しなければならないため以前よりも業務が難しくなっています。スタイルは変化していますが、故人をきれいな形でおくりたいという気持ちはかわっていないです。

今後、さらに個を重視するタイプのそれが増加が予想されます。業者は関係者とより多くのコミュニケーションを取り、良いものを作る責任があります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です