葬儀の変化と種類の説明

葬儀は、一般的には広告媒体や連絡網を駆使して、より多くの親族や知人に参列して貰える様に準備をし、故人が思いをこの世に残さない様にします。しかし、現在の日本は、世界的に見ても他に類を見ない程の超高齢化社会であり、故人の高齢化も進んでいる為に葬式の際には、故人の知人や親族が極めて少ないケースが増えています。その為に、通夜や葬式を行わずに火葬を行う直葬と呼ばれる最もシンプルな葬式が増えています。直葬は、葬式費用が安くなりますが、日本古来の死生観に合わないとする方も多くいるので、葬式前に少なくとも親族だけには直葬を行う趣旨を説明する必要があります。

密葬は、大規模な本葬の準備に時間を必要とする為に、本葬に先立って行われる小規模な葬儀でしたが、現在では多数の参列者による混乱を避ける目的や葬儀費用の問題、遺族の希望などの理由で密葬を選択し本葬を行わないケースが増えています。元来は、密葬と本葬を合わせて一つの葬儀です。又、密葬は、旅先や遠方で亡くなった場合に火葬にする為に行ったり、自殺など死亡理由を知られたくないケースに行われます。家族葬は、一般的に密葬と同様に考える方が多くいますが、身内や親族などの内輪だけで行う葬儀であり、後日故人がお世話になった方々に書状などで挨拶する必要性があります。

現在では、従来の慣習や風習にこだわらず、自由な発想で行う自由葬やプロデュース葬が行われたり、故人の好きだったアーティストの生演奏やCDなどによる音楽葬などが行われています。ブラックフォーマルのことならこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です