自然葬には幾つかの種類があります

自然葬という言葉を聞きなれたことがあるでしょうか。一般的に人がなくなりますと墓に葬られることになります。しかし自然葬はそのような墓ではなく、海や山といった自然の中に遺体や灰を戻すことです。これは自然の大きな循環の中に回帰させようとする考えに基づいて行なうものです。

実際このような自然葬を希望する人が大変増えています。なぜなのでしょうか。一つの理由は亡くなった人がそのように希望することです。例えば海に散骨して欲しいと希望される人もいます。

もしかするとその人は生前海が大好きで、よく船に乗り釣りに出かけていたのかもしれません。そのような思いから自然葬を希望する人もいます。他にも様々な方法があります。例えば樹木葬というものもあります。

お墓ではなく、樹木の下に遺骨を埋めるという方法です。この樹木葬を希望する人も非常に増えています。その理由の一つとして費用をかけさせたくないということがあります。一般的にお墓を建てて埋葬するならば、数百万円の出費を覚悟する必要があります。

しかし樹木葬であるならば、そのような高額な費用はかかりません。数十万円ですみます。しかも、お墓の維持管理は必要ありませんので、残された家族に迷惑を掛けないというメリットがあります。そのような理由で樹木葬を希望する人も少なくありません。

別の自然葬としては空から散骨して欲しいという人もいます。また森や林の中に散骨するという方法もあります。しかし、散骨はどこで行なっても良いという事ではありません。それで許可されている場所などを事前に調べておく必要があります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です