葬儀料金の内訳と内容を知ろう

お葬式を執り行う際には数多くの費用がかかることになります。最近では、全てをまとめたセット料金が多くなっているため、その費用の内訳をあまり気にされない場合も多いでしょう。しかし、この内訳を知っていて損することはありません。葬儀の際にかかる費用には『お葬式本体の費用』『飲食接待費』そして『お寺関係の費用』と大きく3種類に分けることができます。

お葬式本体の費用は葬儀費用の中でも最も割合が高いものです。この中には病院からのご遺体搬送費を始めとして、供花、式場使用料、位牌、祭壇廻り、遺影代などの葬儀そのものの費用。そして火葬場への出棺費用が含まれることになります。この費用は葬儀社の見積もり通りの金額と言えます。

次に飲食接待費ですが、これは通夜や告別式に参列した方に振る舞う料理と飲み物の料金、そしてお礼の品(会葬返礼品と会葬礼状)の料金ということになります。この費用は実際やってみないとわからない点があります。一般的な葬儀で考えますと、参列者の半数以上の人数分の料理を用意することになります(もし不足すれば追加で頼むことになります)。そしてお寺関係の費用ですが、お寺へ渡す謝礼並びに読経料や戒名料などがこれにあたります。

通常、はっきりとした金額は決まっていませんが、地域ごとに相場的な金額がありますので、知っている人に聞いておいたほうがよいでしょう。以上のように、お葬式には数多くの費用が掛かっているのです。これらを知っていれば、見積もりを見た時、その金額が適正なものであるかどうかがわかるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です