葬式にはどのような種類があるのか

葬式は亡くなった人への弔いの意味だけではなく、家族や親族、知人や友人などが別れを惜しみ、死を悼むために行われる大事な儀式として古くから行われ続けています。そんな葬式は以前であれば種類が限定されていたのですが、最近では色々なスタイルで行われることが増えてきたことによって、亡くなった人が自分らしい葬式の種類を生前に選択することができるようになってきています。ではどのような葬式の種類があるのかというと、大きく分けると「遺族・親族だけでなく、故人を知る人たちとともに見送るもの」「遺族・身内だけで見送るもの」「簡素・簡略にお別れするもの」となっており、一つ目は最も一般的に葬式で連想されることが多い一般層や社葬・合同葬などが挙げられています。これらは非常に多くの参列者が集まるというところが特徴であり、葬儀の会場も非常に規模が大きくなっています。

そして二つ目は核家族などが増えてきたことによって特に注目されることが多くなったスタイルであり、家族葬や密葬などがこれに分類します。こちらは限られた親族だけで見送ることができるためシンプルに行うことができますし、参列者に気を遣うことなく進めることができるということで人気が高くなっています。そして最後は葬儀に時間を取られたくないという人や身内や身寄りがいないという人に多いスタイルであり、一日葬や直葬などが挙げられます。こちらは本当に一日で終了するので、時間が取れないという人が利用するケースが多いようです。

喪服のことならこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です