喪服を着用する準備とは

故人がなくなったという連絡を受け取ったら、その亡くなられた方との間柄がどのようなものであれ、喪服を着て通夜や葬儀に参列することがマナーとなっています。ご遺族は徒然の事として参列者を迎えの通夜の段階から着用しますが、急に連絡をいただいた知人・友人などは通夜の際には普段着で参列しても失礼に当たらないとする風習もあります。それは急な連絡で自宅に戻って着替えている時間が無い場合や、近所の方々が取り急ぎ自宅や葬祭会館などに駆けつけて下さるケースが考えられるからです。しかしながら、ご遺族からきちんとした連絡を受けて葬儀・火葬などに立ち会う場合には礼服の中でも色調が落ち着いていて、極力素肌の露出の少ない喪服を着用するものです。

男性の場合は黒の色調で長袖のものを。ネクタイも黒にして亡くなられた方への哀悼の意を表すのです。学生であれば学生服が無難でしょう。白いワイシャツに黒いネクタイというスタイルの方も時々見かけますが、基本的には葬送の場なので上着を着用するようにしたいものです。

女性の場合もスーツタイプとスカートタイプがありますが、基本的には地味な黒の色調の喪服を選ぶようにします。海外ではさらに哀悼の意を表す仕方として黒のサングラスを掛けたり、女性であれば落ち着いたブローチや帽子を身につける方もいます。日本では芸能人でもない限りそこまではしませんが、基本的な喪服は一着準備していると突然の事態にも対応できます。喪服のことならこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です