女性が喪服を着る時に注意したいこと

葬儀に参列することになった際、喪服着用のマナーがよくわからない、と困惑する女性も多いのではないでしょうか。迷った時には「喪の気持ちをあらわす装い」を心掛けることが大切です。喪服を着る際には、肌の露出は避けましょう。体のラインが強調されるようなデザインのものや胸元が大きく開いた服は周りの方に不快感を与えてしまいます。

また極端に丈が短いスカートやパンツは避け、座った時に膝が隠れるくらいの丈を目安に選びましょう。夏場も暑いので大変ですが、ノースリーブや短い袖の喪服は避けて、長袖または長めの袖の服を着るのがマナーです。ストッキングも、素肌を出すわけではないから大丈夫ではと思われるかもしれませんが、肌色より黒色のものを着けるようにするのが無難です。肌の色を感じさせる部分を少なくするという意識でいれば大きく外れることはないでしょう。

もしフォーマルスーツを着て行くことになった場合は、中に着るシャツは白よりも黒を選ぶとよいでしょう。お通夜など突然仕事帰りにオフィスカジュアルで参列することになった場合などはよいですが、あらかじめ準備する時間がある場合なら黒いシャツを用意するほうがより喪の気持ちをあらわせます。寒い季節は、喪服だけでは冷えてしまいますから上着を着ていくことになりますが、出来れば黒が望ましいとされています。しかし派手な色でなければ問題ないとされています。

オフィスに着て行って咎められない色味であれば大丈夫でしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です