社会人になったら喪服は必ず用意しましょう

大人になると、仕事関係や親戚、周囲の人などの訃報で急にお葬式に参加しなければならない機会が増えていきます。学生の頃は、親が準備したものや制服などで参列していた人も多いと思いますが、社会人になると冠婚葬祭の場では一人の大人としてのマナーが求められるよういなります。お通夜やお葬式で着用する喪服も、きちんとしたものをセットで一着用意しておくことが大切です。喪服の中には、季節を選ばずオールシーズン着られるタイプなどもあるので、まずはそういったものを買っておくと活用出来ます。

喪服はそもそも露出の少ない服装なので、女性向けは6~7分丈のワンピースタイプやジャケットの着脱で体温を調節したり出来ます。男性は、ブラックフォーマルの黒いスーツに黒いネクタイ、白いワイシャツに黒い靴で問題ありません。普段着用している黒いスーツでは、黒色が浅くカジュアルな印象を与えてしまうこともあるので、きちんと漆黒の黒色である喪服を揃える方がよいでしょう。一方、女性の場合は華美なアクセサリーは避けて、リボンやビジューなどの飾りのないものでなければなりません。

靴もバッグも飾りのついていないものがよしとされるので、普段に着用している黒い服と兼用したりすることは難しくマナー違反になってしまうこともありますので注意が必要です。急な弔事でも、慌てなくていいように普段から喪服を準備し定期的にメンテナンスを忘れずにしておくことが大切です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です