賢い喪服選びのポイント

通夜や葬式に参列する時に着用する喪服は、おしゃれで自分らしさを表現したいという気持ちも理解できますが、まずは礼節を踏まえて選ぶのが重要です。その場に適した服装であるためには、光沢のある素材、レース、金ボタンなどはNGです。さらに肌の露出も控えなければなりません。デコルテを出すのはもってのほか。

鎖骨がきっちり隠れる襟で、またたとえ夏でもひじが出ないくらいの袖丈、座った時でも膝が隠れる程度のスカート丈にするのが鉄則です。ボディーラインが出てしまうようなデザインも避けたほうが無難です。ただし喪服は必要不可欠なアイテムですが、袖を通す機会があまり多いとはいえないのも事実です。1年に1回または2回くらいしか着ないのが惜しいという人は、着回しが出来るものを選ぶのが賢明です。

上下が別になっているスーツタイプなら比較的アレンジがしやすいでしょう。例えばセーターと合わせて普段着にできるスカートや、ワンピースの上に着ればオフィスの装いにも適するジャケットがセットになっているものだと活用度は格段にアップします。ワンピースタイプの喪服でも、コサージュを付けたりボレロを羽織って葬式以外の冠婚葬祭に着て行けるものであれば重宝します。着る機会が少ないことを考えて、喪服は長く着られるものを選ぶのも賢明です。

体重の変化がしやすいという人はAラインのスカートや、ウエストがゴムなどで調節可能なデザインのものを選ぶと正解です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です