女性の喪服と使い分け

弔事に出席する際の礼服である、ブラックフォーマル。女性の場合は洋装・和装の違いがある他に、三種類の洋服の中から、最も場面に適したものを選ぶ必要があります。女性の最も格式が高いのは、正喪服。黒無地で光沢のないワンピースやアンサンブルで、パンツスーツは含みません。

このタイプは葬儀や告別式を主催する親族が着用するもので、それ以外の参列者が着るのはマナー違反となるため注意が注意が必要です。次に最も弔事に着用されることが多いのは、準喪服です。黒無地のワンピース、アンサンブル、スーツが該当し、一般的に喪服と言えばこのタイプを指す場合が多いでしょう。親族以外の参列者として弔事に参列する場合の装いですが、近年では喪主・親族が着用することも増えてきました。

急な不幸事に急いで駆けつける、という場合に持っておくべきなのが、略喪服です。礼装以外の黒や黒に準ずる色のワンピース、スーツがこれにあたり、ブラックフォーマル以外の地味な色合いの洋服を指します。昨今では、全ての弔事の際に準喪服で列席する人が増えてきました。女性の場合、ブラックフォーマルとして黒無地のワンピースかアンサンブル、またはパンツスーツ以外のスーツを揃えておけば、急な不幸事の際も慌てることなく対応することができるでしょう。

また女性のブラックフォーマルは服装以外にも、靴やバッグ、アクセサリーも一つのセットとして揃えておく必要があるため、洋装のブラックフォーマルは小物までトータルでコーディネートしておくことが重要です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です