喪服選びのポイントとは

喪服は一着は持っておくものと言われることが多いものの、買うとなると冠婚葬祭の幅広いシーンで着回せるものの方が良いと考えるかたもいらっしゃるでしょう。その場合、選ぶ時には気を付けるべきポイントがあるため注意しなければなりません。きちんと、選ばなければマナー違反の服装で参列してしまうことにもなりかねないことです。では、喪服として着る場合はどのようなところを気を付けると良いのかご紹介します。

まず、お悔やみの席では黒であっても派手な装いはマナー違反です。どのようなものが、派手とされるかの判断基準はいくつかあります。分かりやすいものとしては、光沢のあるシルクやサテンなどの生地は避けた方が良いでしょう。肌が見えるのも控えた方が良いため、レースを多く使っているデザインやシースルー素材のものも避けた方が良いとされています。

ただし、慶事にも着回す場合は少しデザインのあるものを選ぶと様々なシーンで着ることができるのでおすすめです。肌が多く見えるものが派手な印象を与えるものであるため、シースルーであっても濃い目のものであればデザイン性がありながらもお悔やみの席への服装としても問題ないとされています。喪服を用意する際にアクセサリーやバックなどを揃えられる場合は、これらにもマナーがあるので気をつけてください。喪服を着る際のアクセサリーはパールのネックレスと結婚指輪のみとされています。

バッグも服と同様光沢のあるゴールドやシルバーの金具が見えるデザインではないものとされています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です