葬儀に参列する喪服の選び方

お悔やみの席へ参列するのなった時に「喪服を着なければならない」ということは分かるものの、正しい選び方は意外と知らなかったという方も少なくないのではないでしょうか。喪服はただ黒い服装であれば良いというわけではなく、気を付けなけらばならないポイントがいくつかあります。喪服を用意する際にフォーマルウェアの中から選ぶことになりますが「ブラックフォーマル」と呼ばれる売場の場合は、冠婚葬祭全てのシーンに着ても問題ない服装です。ただし、オンラインショップや手持ちの服から選ぶときには自分で選らばなけらばならないためポイントをおさえておきましょう。

まず、肌の露出の多いものはNGとされているため袖があっても薄いレースやシースルーのものは相応しくないとされています。ただし、夏場などは濃い目のものであれば涼しい素材でもあるため、肌の見え方を基準に選ぶと安心です。次に、光沢のある素材は喪服としては着ることができません。サテンやキラキラとした生地のものは、華美な印象となってしまうため葬儀の場では着ないようにします。

このような華美な印象のものを避ける以外に重要なのがサイズ感です。体のラインが出てしまうような服装はお悔やみの席ではマナー違反です。お焼香などで腕をあげるシーンなども出てきますので普段より少し余裕のあるサイズ感にしておくことをおすすめします。そのため、可能であれば試着はしてから購入すると、いざ着てみてぴったり過ぎたということを防げます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です