葬儀には流れがあります

葬儀を行う時には一般的な流れというようなものはあります。家族が亡くなって悲しみや、家族として今まで一緒に過ごしてきたのに何故との気持ちもある、悔しい思いもあるでしょうが送り出さなければなりません。以前のように隣り近所との付き合いが濃密になされていた時でしたら、そこで葬儀なども取り仕切ってくれる人はいたものですが、現在では地方に行けばまだそのように助け合って葬儀が行われている所もあるかも知れませんが、それでもそのような所でも誰もが経験を何度もしないことなので、流れにそって儀式を行えるものではありません。病院で亡くなった場合にはご遺体を自宅まで連れ帰ることから、役所へのいろいろな届け出、葬儀を行う場所、檀家になっている時にはそのお寺へ知らせて日にちを何時にするかなどの確認など、必ず決めておかなければならないことが多くあります。

家族や親戚だけでは最初にどこへ知らせればいいのかという事などの流れを分かる人がいなかったり、いたとしても聞きかじったことで実際にはあまり役には立たない時もあります。やはり頼りになるのは多くのお別れの儀式を見て、手助けをしてきた葬儀社の人です。細かな手続きや、亡くなった方や家族の宗教によって式の進め方もとらえ方も違う時がありますのでたくさんの経験は力強いものです。家族にとっては自分たちでは決められないようなことがあっても的確なアドバイスをしてくれて、滞りなく行われます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です