葬儀を行うときの流れについて

葬儀がどの瞬間から始まっているのかについてですが、遺族が亡くなった直後からすでに始まっているということはいえます。葬儀の儀式で主に行われることは通夜の法要や実際の葬式、告別式などはメインといえる儀式ですが葬式を行う際の会場手配や葬式の告知、さらには遺骨の埋葬やそのあとの遺品整理まですべての作業をひっくるめて葬儀といえます。葬儀の流れとしては、まずご臨終の通知を告げたあと遺体を搬送します。搬送先は自宅などの所定の安置場所となります。

それから枕飾りと呼ばれる簡単な祭壇を用意してそこに安置しておきます。お寺などから僧侶に来てもらって読経をしてもらいます。そして故人にたいするお別れの挨拶を行った後納棺を行います。その間に遺族は葬式の打ち合わせを行います。

通夜は葬式及び告別式の前夜に弔問客が集まって故人に対して別れを告げます。現在では半通夜とよばれるタイプのものが主流となっています。通夜が明けた日の日中に葬式や告別式を行います。ここでは一般の会葬者が参列して行います。

式後に出棺をし、遺体は葬儀式場から火葬場へと向かいそこで遺体は火葬で焼かれて遺骨となります。火葬を行う際に必要な書類としては、埋火葬許可証が挙げられます。区市町村が発行する埋火葬許可証は死亡届を提出することで発行してもらうことができます。火葬にかかる時間としては1時間から2時間ほどとなっています。

火葬が終わったら骨上げを行い、遺骨法要を行って一通りの儀式は終了となります。喪服のことならこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です