後悔しない葬儀社選びのポイント

身近な人が亡くなり喪主となった時、どう対処すればいいのでしょうか。喪主は故人の遺志、宗教、予算などをもとに葬儀社を決めなければなりませんが、その選定ができていない状態で亡くなった場合、病院側から葬儀社を紹介されることがあります。故人が病院で亡くなった場合、病室から霊安室までのわずかな距離の移動さえ手掛けてくれるケースも少なくありません。その場合は、とりあえず病院から自宅など安置する場所までの搬送を依頼するだけにとどめ、いったん引き取ってもらうのがベストです。

あわてずに、搬送を頼んだ葬儀社を含めて2~3社から見積もりを取り、サービスや内容を比較検討して決定することをお勧めします。「探すのが面倒」「搬送だけ依頼するのは失礼」という声が聞こえてきそうですが、多少手間を感じてもよく吟味したほうが、結果的には納得のいく葬儀をすることができます。最近増えているのがインターネットで業者を検索するケースです。地元の業者から2~3社選んで比較すれば、費用やサービスの内容など、相場が見えてくるはず。

実際に選ぶ際のポイントですが、まず費用が明確であること。故人のために必要となる葬具、食事や返礼品などのおもてなし費用、追加費用を明確に提示する業者であることが大切です。また、地域の事情に精通していることも大事です。葬送文化は標準化できるものではないので、地域ならではの慣習を心得ている業者が安心です。

担当者が代わらないことも重要です。打ち合わせ、施行担当、集金、アフターフォローなどを分業すると合理的ではありますが、遺族にとってその都度スタッフが代わるのは迷惑です。最後に希望を汲み取る姿勢があること。ありがちなのは「葬儀とはこうあるべき」と一方的に押し付ける業者。

その人らしく送りたいなど希望も多様化しており、そうしたニーズに応えられるかがポイントです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です