葬式の料金相場を確認しよう

葬式は用意して行うものではありませんから、いざという時のためにお金を貯めておく必要があるでしょう。葬式の料金は種類によって異なりますが、一昔前と比べて利用しやすくなっています。葬式には色々な種類があり、人数によって選ぶ種類が変わります。一般葬の場合は100名程度まで対応できるため、料金相場も若干高くなります。

家族だけで行う場合は家族葬を選ぶといいでしょう。家族葬と言っても人数は50名程度まで対応できます。葬式の料金に含まれているのは、祭壇の費用や祭壇周り、供物、お棺、位牌、遺影、花飾り等様々です。遺影写真は花で飾ることもできますが、別途費用が発生する場合があります。

さらに焼香のセットや葬儀の受付にかかる費用、案内のために設置する看板の費用等も含まれます。車を利用するための費用もあり、霊柩車だけでなくマイクロバス等にもお金がかかります。これらの費用は葬儀店に支払うものですが、斎場を使用すると斎場使用料も発生します。斎場使用料はそれぞれの施設によって異なるため、いくつかの施設を比べてから選ぶというのも一つの方法と言えます。

葬儀店から情報が得られない場合は自分で調べなくてはなりません。食事や飲み物を出すための費用も考えなくてはならないでしょう。会葬者と関係者の分を合わせて支払うため、かなりの金額になる可能性があります。葬式が無事に終わっても後から発生する費用があります。

仏壇やお墓にもお金がかかりますから、慌てないためにも蓄えが必要です。喪服のことならこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です