おせちを家庭で作る際のポイント

subpage-img

日本人は家族を大切にしますし昔ながらの伝統や習慣も大切にします。昔ながらの伝統や習慣の一つに、年始にかけて食べるおせちがありますが、昔はどの家庭でもあたり前でしたが近年少しずつ減少傾向にあります。

それでも、「家で作りたい」というご家庭はおおくあります。

では、家で作る際にどんなことに気をつければいいでしょうか?それは、日持ちのする食材を入れるということです。

おせちの情報を知りたい方必見です。

おせちは真冬に食べますので食品は夏ほどいたみにくいですが、それでも暖房のきいているあたたかい部屋に置いておくなら食材はどんどんいたんできてしまいます。

せっかくつくったのに腐ってしまうととてももったいないです。

それで、4〜5日置いてもいたまずにおいしく食べることが出来る食材を使用することですが、たとえば黒豆、昆布、かまぼこ、チャーシュー、かずのこ、紅白なます、伊達巻などはいたみにくいですのでおすすめです。

最近は自宅でわざわざ一から作らなくても、お正月の時期になるとスーパーでおせちの食材がたくさん販売されていますので、それを活用してお重に詰めるというのも方法です。

おせちは大人には人気ですが、子どもには不評というご家庭がありますが、そんな時には子供のために日持ちのするオードブルの盛り合わせを準備しておくとよいでしょう。

おせちやオードブルを囲むことで、家族のきずなが一層深まりまり貴重な時間を過ごすことが出来ます。



是非ご家庭でつくってみましょう。



top