意味を知れば、よりおせちが楽しめる

subpage-img

おせちといえば正月の風物詩ともいえますが、例えばおせちに使われる数の子は子孫繁栄を願うというのは有名ですが、それぞれの料理の意味はあまり知られていません。一の重、二の重、三の重にはそれぞれ入れるものが決まっており、一の重には黒豆、数の子、伊達巻、田作り、栗きんとん、そしてかまぼこなどを入れます。
これらは祝い肴、口取り肴と呼ばれるもので、黒豆にはまめに働けるようにという語呂合わせから健康長寿を意味しています。

関西では黒豆は年を取らないようにと皺が入らないように丸く、ふっくらと煮ますが、関東ではしわだらけになるまで長生きができるようにわざと皺が入るように煮ます。
数の子は子孫繁栄、田作りは硬イワシの稚魚を用いて、乾燥させたものを甘辛いタレで絡めて「ごまめ」ともいわれます。

おせちについての情報をまとめたサイトです。

ごまめは「五万米」とも書き、五穀豊穣を表します。


紅白かまぼこの紅白は赤が邪気を払い、白は清らかという意味があります。



半円形の形で初日の出を意味しています。



おせちの定番である栗きんとんはもともと本膳料理の「勝栗」が由来です。


本膳料理とは日本料理の原型ともいわれており、一つ一つの膳にお料理をもって出す形式です。

きんとんは「金団」ともかき、黄金色の財宝を意味しており、商売繁盛や金運を意味します。

昆布巻きは喜ぶ(よろこんぶ)を意味し、昆布巻きの「巻き」は書物を意味しており、学問や教養が身につくことを意味します。

そして伊達巻きは伊達が華やかさを、「巻き」は昆布巻きと同様に書物を表し、学問や教養が身につくことを意味しています。

top